工事の流れに関する知識

登録希望の業者様はコチラ

解体業者はこちら

[0120-996-874]お気軽にお問い合わせください

全国対応

通話無料

解体工事の流れに関する知識

まずは見積もりから

まずは見積もりから

解体工事を始める際に最初におこなうことは、工事費用の見積もりとなります。見積書には工事費用の全額が記載されているので、工事費用がいくらかかるのかを知った上で、工事をするかどうかを決める流れになります。合計の工事費用を知れるのはもちろん、各項目の工事費用も知ることができるので、見直す点がすぐにわかり、見直してから工事を依頼するということもできます。

見積もりを依頼する際には、複数社の業者に依頼をするようにしてください。複数社の見積もり額を参考にすれば、リーズナブルに工事を依頼できるとともに、質の良いお仕事をする会社を探しやすくなります。複数社に見積もりを依頼した時には、総見積もりをもらうことが大事であり、相見積もりがあれば、安全で安心して依頼をすることができる会社を見つけられます。

  • 複数社に見積もりを依頼し、相見積もりをもらうこと

解体工事の前に準備をしておくべきこと

解体工事の前に準備をしておくべきこと

見積もりをもらった後には、業者を決めます。業者が決まった時には、工事前の準備となりますが、おこなわないといけないことが多々あります。まずは、近隣住民へのあいさつです。解体工事の際には、騒音があるので、事前にあいさつをしておかないと、後に近隣住民とのトラブルになってしまいます。事前にあいさつをしておけば、悪い人間関係にはならず、工事後も良い関係でいられます。
ほかには、水道、電気、ガスの供給を停止させることです。メーターの撤去、配線、配管の撤去も必要ですので、事前にそれぞれの会社に連絡し、撤去依頼を済ませておいてください。忘れがちになってしまうことですので、早めに行動をするようにしてください。水道に関しては、工事中に拡散防止のために使用をしないといけないので、解体業者と打ち合わせをし、水道会社に連絡をするようにしてください。

  • ご近所への挨拶や停止されないといけないことは早めにおこなうこと

立会確認は欠かせない

立会確認は欠かせない

工事が開始した時には、解体業者が本体の解体や整地工事などをおこなっていき、工事が完了する流れとなりますが、工事後には立会確認ができますが、中には専門家が工事をしたのだから安心だと思い、立会確認をしないというかたもいますが、必ず立会確認をするようにしてください。整地工事の際には、工事をおこなう前より綺麗にしてほしいという希望がありますが、ごく稀に汚いままになっていることがあります。
また、運搬を忘れている廃材があるケースもあります。意図的ではないにせよ、不備がある可能性は十分にあるので、用心をすると意味でも確認は必要になります。遠慮をしてしまうと後に後悔をすることになってしまうので、見積書を参考にしながら、冷静に解体業者との話し合いをおこなっていき、後に不満がないように自分でしないといけません。もちろん、解体業者に対する感謝の言葉や気遣いもあったほうが良いです。

  • 解体費用は色々な要素によって価格は変わります。
お気軽にご依頼ください

解体工事のお見積りを実施したい方。工事業者をしっかりと比較して工事を依頼したいお客様。全国のネットワークの中からお客様にぴったりの業者からのお見積りをご提供致します。