住宅解体工事の料金の決まり方

登録希望の業者様はコチラ

解体業者はこちら

[0120-996-874]お気軽にお問い合わせください

全国対応

通話無料

住宅解体の状況によって料金は異なる

仮設工事費用は業者によって変わる

仮設工事費用は業者によって変わる

住宅の解体工事をおこなう際には、仮設工事をおこなう必要があります。仮設工事をする際に使うものは、仮囲い、養生、散水設備、セーフティネットなどであり、業者によって料金が変わります。相場はありますが、業者によって工事のために改めて用意をするケースもあるので、相場をいちがいに信用をしないほうが良いです。また、床の補強も必要となります。価格の高いものほど料金は変わりやすくなるので、家の状態や状況によって価格は大幅に変動をするものと考えておけば間違いありません。

処分量が料金を変える

処分量が料金を変える

住宅の解体の際には、処分をするものが出て来ます。具体的には・庭石撤去処分樹木伐採・抜根処分、門扉撤去処分、カーポート撤去処分、物置撤去処分などであり、どの種類に処分をする際にお金がかかってしまいます。処分量が多ければ、多いほど料金が高くなってしまいますので、事前にどれぐらい処分をしないといけないものがあるのかをチェックしておく必要があります。見積もりを依頼すれば、すぐにどれぐらいの処分物があるのかを調べることができます。

大きい家ほど処分量が多くなってしまうので、料金が高くなってしまいます。処分量にも相場は存在していますが、業者によって異なるケースもあります。処分量が多い住宅を解体する際には、できるだけの処分をする際の料金が安いところに依頼をするのも一つの手です。処分をする際のぐらいと思っていると、後に後悔をしてしまう可能性があるので、注意してください。解体工事の前に自分で処分ができるというものは処分をしておくという方法もあります。業者に処分をしてもらうと料金が高くなってしまうので、自分でも処分をするという工夫が料金を安くすることに繋がります。
注意点・処分量によって料金は変わり、多くなると高額な出費となります。

諸経費ぐらいと思ってはいけない

諸経費ぐらいと思ってはいけない

大まかにかかる料金を理解しているかたは多いですが、諸経費がどのようになっているのかを理解していないかたは少なくありません。一般的には作業用車両の駐車代や隣家への敷地使用料ですが、見積もり書を見た時にどういった諸経費なのかわからないものが記載されているケースがあります。内訳のない諸経費が記載されて時は、工事費用を上乗せされている可能性があるので、必ず聞くようにしてください。

特に初めて解体工事をするかたは、上乗せをされる可能性が高くなってしまいます。解体工事に関しての経験が豊富なかたや専門的な知識があるかたに対しては、上乗せをしてもすぐにばれてしまうので、上乗せをしないケースが多いので、初めてのかたに対しては、どうせわからないと思い、上乗せをしてくる悪徳業者がいます。気になる点がある際には、必ず聞くようにするとともに、各項目の単価を聞くようにしてください。単価がわかれば、どれだけ上乗せをしているのかがすぐにわかりますので、適切な対応をすることができ、よりよい解体工事にすることができます。
注意点・諸経費を上乗せしてくる業者もいるので、疑問がある際は必ず確認するようにしてださい。

お気軽にご依頼ください

解体工事のお見積りを実施したい方。工事業者をしっかりと比較して工事を依頼したいお客様。全国のネットワークの中からお客様にぴったりの業者からのお見積りをご提供致します。